PSS会員パッケージ名が変更されました!

こんばんわ。ラーメン大五郎です。

PCAの年間保守サービスであるPSS会員パッケージが、10月1日より変更されました。

今までは、例えば

PCA会計X ネットワーク版の年間保守
PSS会員パッケージ type C

となっていたものが、

PCA会計X Easy Networkの年間保守
PSS会員パッケージ type C6
PCA会計X with SQL 3CALの年間保守
PSS会員パッケージ type C8
PCA会計X with SQL 5CALの年間保守
PSS会員パッケージ type D11

のように、細分化されたのです。
ややこしい。うぬぬぬ。。。。

さらに、ネットワーク版のPSS会員パッケージは事実上の値上げとなります。。
ネットワーク環境でのサポート案件の増加や運用環境の複雑化などで、旧料金体系の維持が困難になった結果、メーカー発表の値上げなんですが、、、これはまあ時代の流れですね。。

ですが、これはPSS会員に新規ご加入の場合のお話です。
平成26年9月30日までにPCAへのユーザー登録が完了していて、サポート期間中の製品をご利用の方のみ、旧料金のままPSS会員契約更新が可能になります。
(3月31日まで)

もうとにかくややこしいんです。
PSS会員の更新・新規加入をお考えの方は、ご自身がどのtypeのPSS会員に該当するのか、ミモザのPCAショップからご確認ください。
ややこしいですから。。。。

複数年契約も承ります。
上記リンクに掲載されているPSS会員は1年契約ですが、1年契約の商品詳細ページから複数年契約のページに飛べます。
3年以上の契約がお得です。

お間違いのないように。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ