OBC奉行ソフトの世代別バージョンアップ

こんにちは、スーパーラーメンマンです。

2月よりスタートする、世代別バージョンアップについてご紹介させていただきます。

奉行シリーズ 世代別バージョンアップとは?

OBC奉行シリーズをi8にバージョンアップする際、今までは

  • 奉行21、奉行iから奉行i8

という流れで、バージョンアップ価格が一本化されていました。

ところが、2月からは

  • サポート終了ソフト(奉行21 Ver.5より古いソフト)から奉行i8
  • 奉行21 Ver.5(前期版)から奉行i8
  • 奉行21 Ver.5(後期版)から奉行i8
  • 奉行iから奉行i8

のそれぞれにおいて、バージョンアップ価格が変わることとなりました。

簡単にいえば、『早めにバージョンアップした方が、金額負担は少なくなる』という考え方です。

奉行21 Ver.5をお使いの方は、前期版か後期版かでさらに価格が変わりますが、
ご自身がどちらに該当するかわからない、という方はミモザまでお問い合わせください。
奉行i8バージョンアップ価格のお見積りも承ります。

ご注意頂きたいこと

奉行21 Ver.5(前期版)をお使いの方へ

奉行21 Ver.5(前期版)をお使いの方は、2/28まで旧価格でより安価にバージョンアップできます。
お使いの奉行21シリーズが前期版かどうか弊社で確認させていただき、旧価格が適用できる場合はご案内いたします。
お問合せください。

給与奉行21ProSuperをお使いの方へ

給与奉行21ProSuperにバンドルされていた法定調書奉行21は、給与奉行i8 SPシステムにはバンドルされていません。法定調書奉行をご利用の方は法定調書奉行i8 SPシステムのバージョンアップ製品も併せてご購入ください。

その他、イレギュラーなバージョンアップをご希望の方

  • 勘定奉行iを勘定奉行i8 個別原価管理編にバージョンアップしたい
  • 商奉行i Bシステムを商奉行i8 SPシステムにバージョンアップしたい
  • 奉行21Ver.5 Jシステムをi8にバージョンアップしたい

など、ミモザのOBCソフトショップにてご案内していないバージョンアップの場合は、お見積り対応となります。

いろいろややこしいですが、ご不明な点はミモザまでお問い合わせください!!

ああややこしい。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ