備えあれば憂いなし

ムライです。

ちょっと前の話になりますが、友人の家でDOSマシンを触る機会がありました。

Windows以前のマシンですので不便なこともたくさんあるだろうと思いましたが、やれる事に制限があるとはいえやれる事だけならばWindowsマシンより快適に感じました。

起動が速く、入力もストレスがない。マルチタスクなんかしていないから変な所で急に動作が遅くなることもなく、ひとつの事をやるだけならWindowsマシンよりはかどります。

思えば私もかつてはWindowsよりDOSを選んでいたものでした。

すでにWindows95のミニノートが出ていたのに、あえてモバイルギアをDOS化して使っていたりもしていました。

作りが単純だからかハングアップするという事もほとんどなく、重たくなる事も皆無。機能性を求めるならばWindowsよりあえてDOSという時代が確かにありました。

 

ここ数ヶ月で、販売管理ソフトのDOS版やWindows95版や98版からのバージョンアップのご相談がいくつかあったのでふとそうした事を思い出したのですが、やはりご相談される方も「この事をするだけならばWindowsなんかいらない。DOS版で十分安定しているし、問題ない」と感じておられるようです。

しかし消費税改正を控えて、現行のソフトへの乗り換えの下調べという感じでご相談されます。

これまで旧式マシンと共にがんばってこられた歴戦の猛者だけあって、すぐに乗り換えという選択をされる方はおられませんが、やはりそろそろ乗り換え時であると感じておられるようです。

そうした方たちはみんな、ここまでがんばってきたんだからもうちょっと、もうちょっとだけがんばろう、という感じ。

周囲がみんなWindowsに乗り換えていった中、DOSマシンをしばらく使い続けていた私もそうした気持ちは痛いほどわかります。

しかし、やはりメーカーのサポートも切れている状況であること、パソコンもすでに耐久年数を超えている事を考えると、買い替えるべきだと思います。

たまにあるご要望が、今まで使用していたパソコンが故障したので新しいパソコンを購入したが、今のOSに対応していないので緊急に対応してほしい、という事です。

ソフトウェアだけならば最短で二、三日もあればお届けは可能ですが、これまでのデータを移したり環境設定をしたりする事を考えるとすぐには使用出来ず、その間は業務が止まってしまうのです。

「売上データは毎日入力するし、請求書も毎日出しているのでなんとかしてほしい」と言われても、こればかりは弊社ではどうすることもできません。

毎日使うものだからこそ、いつ故障しても早くリカバリーできるように、準備はしておく事を強くお勧めいたします。

ソフト購入から導入支援まで、ご要望があればお見積りを致しますので、悩んでおられる方は是非ご相談を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ