行ってきました♪慰安旅行

31年間片想い中の女性・中森明菜さんの誕生日である7/13から7/14に、小豆島へ慰安旅行へ行ってきました。

出発前の社長の一言は、「ミモザの慰安旅行は遊びです。いっぱい楽しんでください」とのこと。
ありがたいです。

7/13

朝7時に会社へ集合し、ビールやビールやビールやビールの買い出しを済ませ(笑)、バスへ乗車。
で、出発して10分後にはプシュっと宴会スタート!
先は長いです…。

3連休初日ということもあり、15kmと、結構渋滞してます。
そのため、小豆島行きのフェリーに1本遅れで乗船。
乗船までに私が飲んだのは、ビール500ml×2本、350ml×2本(笑)
既に酔っ払ってます。

船上でももちろん宴会です。
常に宴会です。

呑んだり、遊んだりしてる間に小豆島へ到着!

到着して、昼食ですが、もちろん宴会です(笑)
アナゴ丼、アワビの刺身、そうめんなどなどをアテに。

そして、観光♪
マルキン醤油記念館へ。
醤油の作り方の展示やいろんなものがあったと思いますが、酔っ払ってるため、あんまり覚えてません…。
覚えてるのは、醤油ソフトクリームが美味しかったこと。
結構さっぱりして、後味も非常に良かったです。
ただ、同じ醤油とはいえ、醤油サイダーは…(以下略)

で、小豆島到着が遅れたため、24の瞳映画村観光はなしに…(涙)

ま、気を取り直して、ホテルへ直行!
そして、宴会!ではなく、まずは入浴したりして、宴会に備えた体力づくり(笑)

18:00宴会本番スタート。
海の幸に舌鼓を打ちながら、ビール、ビール、日本酒などなど。

ちょっと遠いところから会社へ通勤してる私は、7時集合に間に合わせるために朝4時に起きて始発に乗ってることから(←言い訳です)、宴会途中から眠気がちょっとずつ襲ってきてました…。

二次会でカラオケへ。
ここでは頑張って、起きて、歌わせてもらいました。
社長からもリクエストをもらえたので、明菜ちゃんの誕生日に4曲くらい?明菜ソングを歌わせてもらいました♪
お聴きいただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

この気分の高揚感が三次会のラウンジへ移動した途端、凄まじい眠気へと変換され、一曲歌って5分ほどしたら…寝てました…。
同席されてた皆さん、本当に申し訳ございませんでした。
さらに凄まじい鼾もかいてたらしく、私自信は全く覚えていないのがお恥ずかしい限りなのですが…<m(__)m>

そうして、何時か覚えていないんですが、初日が終わり、就寝。というか、また、就寝。

で、翌7/14

7時に起床し、朝食バイキングへ。
ご飯をお替りしながらお腹一杯食べ、ちょっとゆっくりして、小豆島ふるさと村へ移動。

そこでは、各スタッフがいろいろなことを体験しました。
釣りに行く人、シーカヤックする人、喫茶でゆっくりする人、お昼寝する人。

私は、シーカヤックを体験させてもらいました。
初心者用のカヤックなのでしょう。ひっくり返ることもなく、海上を漂いながら、とっても楽しく童心に帰らせてもらいました。
一日中乗っていたいと思うくらい、海の上は気持ち良かったです。

各体験が終わったら、お昼ご飯を食べるために野の花へ。
非常に雰囲気の良い建物で、とっても美味しいお食事をいただきながら、二日目の宴会スタートです(笑)
スタッフの方々もいい雰囲気を醸し出していて、癒されました。

食後は、日本三大渓谷美に数えられる寒霞渓を見るためにロープウェイへ乗り、山頂へ。
ホントにキレイでした。
ロープウェイ乗り場へ行くのに、急な階段をたくさん登らないと行けなかったのですが、そんな疲れが吹っ飛ぶくらい自然の美しさに癒されました。

山頂へ着いたら、自由時間。
土産物を観たり、かわら投げをしたり…。

で、帰るためにフェリー乗り場へ移動。
乗船まで時間があったので、そうめんをアテに宴会を始める人、最後に土産物をチェックする人、昼寝する人などなどで何とかまとまっていたのではないかと…。

そして、乗船。
つまり、宴会スタート(笑)

買い溜めしていたスナックをアテに、焼酎、ビール、酎ハイなどを呑んで呑んで…乗客の楽しいおじさまに癒されたりして(笑)

で、姫路へ着いて、バスに揺られながら、ビンゴゲーム!
そうこうしてる間に、20時過ぎに会社到着♪

解散はしたものの、社長と他2名は慰安旅行の打ち上げにどこかの夜の街へと…。

ホントに楽しい慰安旅行でした。
同じ社内にいても、普段あまりお話しできない人たちと会話したり、ずっと一緒に行動することで何か分かりあえたような気持ちになったりして、これからの仕事が今まで以上に楽しくできるように思います。

あ、お陰様で、体重が2.5kg増えてました!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ