気ままシリーズ 第6回 炬燵の話

こんにちは。ハカセです(00)/

最近、朝は布団が温くてなかなか出られない私です。
気力を振り絞って起きようとすれど、起きれず・・・
朝はつらいです(苦笑

さて、今回は炬燵の話です。

以前の記事で、

炬燵…あったかい。冬の必需品。しかし、一度入ったらなかなか出れない。

とか記載していましたが、今日はもう少し話そうかと。

炬燵は冬の間。一番活躍するアイテムだと思います。
暖房よりも電気代は安い。足あったかい
心地よい眠りに・・・(駄目です、風邪ひきます)

などなど、なんだかんだで春ごろまで活躍しているはずです。

炬燵の一番怖いところは、一度入ったら出たくない。といったところです。
なので必然と手の届く位置に物が集中していきます。
炬燵から出なくてもいいかわり、すごい散らかりよう・・・

来客は無理か・・・

手の届く位置かつ、散らからない配置。
夢の配置です。毎年苦労しています。

とりあえず言えることは、出る時はでなさい。
当たり前のことですね。

足先とか冷やさないように気を付けましょう。
ではまた次回 (00)/マタネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ