バッドボーイズ・ロックンロール!LAメタル!!

こんにちは。
ラーメンよりメタルが大好き!ラーメン野郎です。
前回、スラッシュメタルについて紹介しましたが、今回はその対極スタイルのLAメタルについて紹介します。
LAメタルとは、簡単にいっちゃえばハードロック+パーティロックンロール+若干メタルっぽい?
って感じの音楽です。
個人的にはメタルというよりはロック、ハードロック扱いです。
むしろハードロックンロール!
ドラッグパーティ行って、可愛いあの子にハートブレイク!
みたいな、いかにもアメリカって感じの能天気な音楽です。
スラッシュメタルと何が対極か??って言うと!!
・スラッシュメタル…硬派でへヴィで野蛮な男たちのコワモテ音楽(ファンもだいたい男)
・LAメタル…派手で軟派で色気づいた男たちのイケメン音楽(ファンはだいたい女性か不良少年)
って感じなんです。
見た目から違います。
$ミモザのブログ
▲スラッシュメタルの雄、メタリカのコワモテで無骨な兄さんたち
$ミモザのブログ
▲LAメタルの代表格、モトリークルーのケバケバ兄さんたち
で、LAメタルのカッコよさの真骨頂は、日本のバンドでは絶対に不可能な
「バッドボーイズ・ロックンローラー」
が多いこと!!
日本の不良とは違う、アメリカンなバッドボーイ!
常にヤクでフラフラ、酒でフラフラ、すぐ喧嘩、いつもパーティでナンパ、ハーレーとか大好き!
みたいなやつら。
日本の不良風ミュージシャンって、薬やって捕まって素直に謝罪、酒や喧嘩のトラブルも謝罪、そのせいで業界から干されるから、なんだかんだで表面的には真面目にしてますよね。ブログとかもやさしい口調だと思うし。
曲も普通の恋愛ソングで、全然ワルくない普通の人やん!ってなりますよね。
バッドボーイズ・ロックンロールは違うんです。
曲はノリノリなのに、行動や歌詞が完全にワルなんです。
存在そのものがストリートのワルです。
では、まずはLAメタルの代表格モトリークルーから。

ドラッグを断ち、初めてシラフで制作したというアルバム「DR.FEEL GOOD」の代表曲。
通勤時にテンションを一気に高められます(笑)
モトリー・クルー (Mötley Crüe) は、1981年にロサンゼルスで結成されたヘヴィメタルバンドである。結成以降、「セックス、ドラッグ&ロックンロール」を地で行くキャラクターでロックシーンを数々のゴシップで騒がせている。現在までに全米だけでアルバム総売り上げ2500万枚以上、全世界で8000万枚以上を売り上げている。(wikipedia)
というスキャンダラスなバンドです。
とにかく問題ばかり、あらゆる面で乱れまくりのバッドボーイ集団です。
ザクザクしたメタリックなリフと、ロックンロールっぽいノリが特徴。
次は、非へヴィメタルで、ラーメン野郎が一番好きなバンド、ガンズアンドローゼズ!

ワルそーなのにポップな超有名代表曲!
モトリークルーと同じく「セックス・ドラッグ・ロックンロール」を地で行き、
モトリークルーよりもっと「LAのストリートの不良」的な匂いのするバンドです。
コンサートのドタキャン、暴動、喧嘩、歌詞の中からの個人攻撃、各種スキャンダルにまみれた問題児揃いのメンバー構成で、ブルース、ハードロック、メタル、パンクなどが微妙に混ざり合った音楽性が特徴。
世界的に最もビッグなバンドの一つでしょう。

パンクっぽい曲代表
ストリートのワルがそのまま有名になっちゃった感満載で、ボーカルのアクセルローズの破天荒さは世界的に有名。ギターのスラッシュの風貌&艶っぽいギタートーンや、ベースのダフのイケメンっぷりがたまらない。
デビュー時、プロモーションやレコーディングのために用意されたお金を全部ドラッグに使うようなぶっ飛び集団ですが、日本のロックバンドはそんなことできませんよね。
歌詞の中で嫌いな雑誌編集者を名指しで攻撃するなんて、日本のバンドじゃできませんよね。
お国柄や時代の違いもありますが、こんなヤンチャでスキャンダラスなバンドはもう出てこないでしょう。。。。。
上手いヘタを通り越して、何かわからないけどカッコよくなっちゃうバンドです。
本物のバッドボーイだからこそ、フォロワーが霞んでしまう。
これこそロック系バンドの醍醐味でしょう。

これまた有名な曲!最後の疾走パートはたまらん!!

これぞハードロックンロール!
個人的に、ロックに優しさとか愛とかいりません。
そういう物を音楽に求めるなら、ボサノヴァやクラシックやジャズのほうがいいですし。
・めちゃくちゃ勝手なことやってるのに、何故かカッコいい奴ら。
・不謹慎の極みなのに、なぜかカッコよくて世界中にフォロワーが生まれる。
ロックにはこれが一番大切です。
最後に。。LAメタルじゃないけど、ロックンロールノリならこの人たちを忘れちゃいけない。
アメリカン・ツッパリ・ロカビリー!ストレイキャッツ!

今回はメタル的なダサさのあるバンドはなかったので、なんかロックンロール特集みたいになってしまいました。
カッコいいわあ。。。
もうこんな伝説的バンドは出てこないでしょうし、モトリーもガンズもストレイキャッツも年取ってるし、全盛期にはもどれない。
彼らの全盛期だった80年代~90年代のロックが、これからも輝き続けるのでしょう。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ