HM詳細解説&ラーメン野郎が好きなスラッシュメタル紹介

ラーメン野郎です。
前回、ゲーム音楽のHM/HRについての記事を書きました。
今回はヘヴィメタル(HM)の中のサブジャンルを掘り下げてみます。長いですよ。
一口にHMといっても、限りなくハードロック的なものからポップなもの、ダークなものなどたくさんあります。
HMにはサブジャンルが多すぎるので、まずはおおまかに分けてみます。
◆正統派HM…アツい、力強い硬質な元祖ヘヴィメタル
ロン毛、焼きそばパーマ、革ジャンなど典型メタルファッション。
◆メロディックメタル
…RPGやロードオブザリングの世界のような、非常にメロディアスな歌モノメタル。クラシック的な要素が強く、シンフォニックメタルなどさらにサブジャンルに分かれる。
歌モノなので聴きやすく、劇的なクサイアレンジが目立つ。
メロディがクサイので、日本でのみクサメタル(XA-METAL)とも呼ばれる。
ギタリストとキーボーディストは非常にテクニカル。
様式美。聴いてて恥ずかしくなるほどクサイ曲も多い。
「七つの海を越え、竜の谷へと向かおう」みたいな歌詞から普通のラブソングまで幅広い。
切ない、ポップ、荘厳、美旋律、クッサクサ、悪臭、ヨーロピアン!みたいなイメージのメタル。
北欧のバンドはメチャメチャ臭くて美メロ。
正統派とメロディックメタルの間あたりはパワーメタルといえばいいのかな。。
ロン毛、焼きそばパーマ、革ジャンなど典型メタルファッション。
◆スラッシュメタル
…歌メロにはメロディアスさはなく、ザクザク刻みまくるギターリフとスピード命のリズムが特徴。正統派メタルがハードコア・パンクとまざってヤケクソな疾走感と凶暴・冷徹な雰囲気になったメタル。スピードメタルとも呼ばれる。
ボーカルは吐き捨て系やデスボイスなど、たまに歌唱もあるが美旋律度は控えめ。
他のメタルに比べてメロディの比重が低く、スピードとザクザク感と凶暴さ、ギターリフがメインなので、ギターソロの速弾きテクニカルアピールも控えめでパンクキッズにも人気。
疾走、高速、ザクザク、凶暴、冷徹って感じのメタル。
演奏陣はちょっと強面でラフな男たちだったりする。
◆デスメタル
…スラッシュメタルの凶暴性と激しさを極限まで高めたもの。歌は基本デスボイスのみ。
『スパパパパパパ!』
と、マシンガンのような超高速2ビート「ブラストビート」が特徴で、重く凶悪な雰囲気のギターが鳴り続け、その上でデスボイスやグロウル、シャウトなど。
とにかく速い。ドラムは人間業の限界の速さ。ロック的な演奏技術では最高ランクの技術が必要。
極悪、凶悪、激速、激重、ダーク、魔界の炎って感じ。
◆ブラックメタル
…北欧発祥のデスメタルの一派で、アンチクライスト(反キリスト教)の悪魔主義の人たちが好む極悪メタル。
教会への放火、殺人など当たり前、犯罪者が多いジャンル。犯罪者というか、宗教思想の対立かな?日本では宗教観が薄いので、反キリスト精神で犯罪犯す人の気持ちはわからないけど。
欧米はキリスト教が根強いから、こんな宗教思想音楽がうまれるんだな。
ジャンル的に反社会的なので録音状況も恵まれていないものも多く、デスメタルよりか細くて軽い音に聴こえがち。
しかしデスメタルより冷たい音使いで、デスボイスも
「キィャア~~!!」
と高い金切り声が多い。たぶん悪魔の声の再現。
北欧発祥だからか、基本的にデスメタルよりメロディアスでシンフォニック。
極悪、凶悪、激速、ノイジー、冷たい魔界、荒涼、聴くホラーって感じ。
聴きすぎると耳が痛くなる。
◆LAメタル
…メタルと名がついてはいるが、ほぼメタル要素はない、80’sアメリカ発祥のハードロック。
能天気なロックンロールノリで、パーティロックンロール+ハードロック+ギターだけちょっとメタルっぽくギラギラしてる感じのノリノリの音楽。
ダンスパーティで酒とドラッグ、可愛いあの娘とデートだ!みたいなアメリカノリのハードロック。
派手な格好で髪を逆立ててポップな曲をやるので、見た目から「ヘアメタル」といわれるバンドもある。
余談だが、ヘアメタル的ルックスは日本のX-JAPANやバクチクなどに受け継がれ、その後日本のビジュアル系スタイルになる。
ノリノリ、ズンズン、ぶりぶり、能天気、80’sバブリーなアメリカ!パーティ!って感じ。
粗野で無骨な男の演奏するスラッシュメタルと違い、派手で色気づいた男が演奏することで比較的ミーハー受けがよい。
◆ヘヴィロック、モダンヘヴィネス系
…90年代にHMブームが去り、メタル的ダサさの根源である、
「ギター速弾きピロピロ」
「なんかキメが多くてダサい、臭い」
「速くて音数詰め込み型のリズム」
「世界観が濃すぎる」
などを改善したモダンなメタル。
遅く、重低音を強調し、速さよりグルーヴ感を重視したメタル。メロディアスではない。
ギターソロのような見せ場も不要。
遅くてグルーヴィなのでヒップホップと相性がよく、メタルコアやラップメタルなどに分化している。今時のHM。2000年以降は日本でも大流行。
オシャレな奴が「俺、メタル好きやで」とか言ってたらだいたいコレ。
横ノリ、「悪そうな奴らは大体友達」よりもっとワルな感じ。
やっと終わった。。。。
だいたいこんな感じです。
メロディックメタル+デスメタルのメロディックデスメタル(メロデス)、
デスメタル+スラッシュメタルのデスラッシュなど、サブジャンルが無限にありますが、基本はこれくらい。
まあ音楽のジャンルわけなんて明確なガイドラインないんでね、結局全部ロックといえないこともないし。
ちなみにラーメン野郎はモダンなスラッシュメタルと一部のブラックメタル、メロデスが好きです。
なので、今回は好きなスラッシュメタルを紹介!
一番好きなモダンスラッシュメタル!極悪!刻みまくれ!!
【閲覧注意】
NON HUMAN LEVEL   PERSONAL HELL

元祖スラッシュメタルかつ、もっとも成功したHMバンドといえるメタリカ!!
今年のサマソニにも来ますね!
いかにもスラッシュメタルなザクザクとスピードが気持ちいい!
メロディアス過ぎない程度のメロディがメタリカの持ち味かな!
METALLICA   DYER’S EVE

モダンなスラッシュメタル!声が一本調子&メロがあんまり好きじゃないけど。
Bメロからの刻みと疾走が気持ちいい!
TRIVIUM     Ascedancy

いわゆる「突撃型でスラッシュ」と呼ばれるモダンなスラッシュメタル。
スタスタと2ビートがたまに間抜けに聴こえるが、まあスカッとするし凶悪メロディがよい。
【閲覧注意】
HATESPHERE     SICKNESS WITHIN

次回はスラッシュメタルの対極スタイル、LAメタルとハードロックンロール・バッドボーイズロックンロールについて書きます。
ラーメン野郎でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ