ゲーム音楽のHM・HR!

こんにちは。
ラーメン野郎ですよ。
スマホ購入により、通勤中に音楽を聴きながら電車に乗れるようになりました。
アタクシ、ワールドミュージック全般が好きですが、ロックやポップスも古いものなら聴きます。
ちなみにロックという音楽の中ではHR/HMが好きなんです。
いわゆる普通のロックはあまり好きではありません。
ここで解説。
HR/HMとは、ハードロック、へヴィメタルのことです。ジャンル的にひとくくりにされやすいものなのですが、実は別物です。
ハードロックとは、ブルースをルーツにした大音量のギター主導のロックとでも定義できましょうか。
あいまいですが。
日本ではブルース臭さが薄いポップな歌謡曲系ハードロックが多いですね。
日本の有名どころならB’zとかTUBEの一部の曲もハードロックといえるでしょう。シャムシェイドとか。
一方、へヴィメタル(メタル)とはハードロックを重く激しく進化させ、かつクラシック的要素を足してブルース臭さを排除したものと定義できます。
日本の有名どころならX JAPAN、聖飢魔Ⅱ、あたりでしょう。
すいません日本のバンドあまり知らないので、わかりやすい例が出せません。
ハードロックは曖昧な定義ですが、メタルには聴いてすぐわかる特徴もあります。
★「ドコドコドコ…」というツーバスドラムの16分連打
★ツインギターのハモリギターソロ、速弾き
★ズンズンザクザクとしたギターの重低音パワーコードリフ
★「ジャジャン!」みたいなクサいキメが多い
★革ジャン、ウェーブの超ロン毛
★人によってはトゲトゲのレザー着てる人とか
昔やってたテレビ番組の、ガチンコファイトクラブで
「一体、どうなってしまうのかーーーーーっ!!!!」
とアナウンスが入るときや、乱闘シーンなんかでもメタルがかかっていましたね。
あとRPGの戦闘シーンの音楽とか、格闘家の入場シーンなんかにもメタルは似合います。
まあ、長々言われてもしんどいだけなんで詳しくは割愛します。
で、通勤中スマホでいつものようにHR/HMを聴いていたんですよ。
たまにはゲームの懐かしい曲でも聴くか、といろんなゲーム音楽を聴いて懐かしんでいました。
そこで久しぶりに思い出したのがコレ!

グランツーリスモというレーシングゲームのテーマ曲ですが、これはカコイイ(^^)
演奏しているのはフュージョン系バンドとして有名なTスクエアですが(F1のテーマ曲のバンド)、
ここのギタリストの安藤まさひろさんがやたらHR/HMの雰囲気を感じるプレイをしています。
この歌はフュージョンというよりは、ほぼHR/HMでしょうね。
あとこの歌はスーファミ世代の男の子なら懐かしいでしょうが、完全にメタル!
かっこいい!!燃える!!これがメタル!

これもギターリフがメタルです。ロックマンの曲。

HR/HM好きな人は、やたら他人にメタルを聴かせたがるものです。
これをメタル界では「布教」といいます。
メタルが嫌われるのは、リスナーがキモイからってのも大きいでしょう。。
まあ、とりあえずゲーム音楽のかっこいい曲にはメタルのエッセンスを持った曲が多いってのを言いたかったんですよ。
それだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ