GWが終わっちまった。。無駄話

ラーメン野郎です。
ゴールデンウィーク終わっちまいましたね。
いかがお過ごしでしたか。
ゴールデンウィーク中、友人にドタキャンくらって一日つぶれました。
友人は私と遊ぶために有給を取ったのですが、眠気に負けて有給を寝て過ごしたようです。
ドタキャンされてしまったので、せっかくだから一人で服を見に行こう、と一人電車に乗り込む私。
服やさんに到着。
いつも思うのですが、服屋さんや美容院みたいなお洒落な空間にいくととても苦しくなります。
おしゃれマスターみたいな店員さんに
「いらっしゃいませえ~(田舎モンきやがった!)」
と思われているんだろうと被害妄想を受けるのです。
おしゃれマスターお洒落泥棒がいっぱいいる空間に私がいる状況は、ライオンの群れの中にウサギがまぎれこんだ状況と重なります。
なので、気配を消しつつ適当に服を物色。
夏服っぽいものがほしかったのです。
で、いくつかデザインが気に入った服があったので、人目に触れないように試着してみる。
うん、殺人的に似合わない。完全に自分が着たらNGな感じだった。
服が悪いのではない。人にはやってはいけないことがある。
モデルさんや有名人にあこがれる→真似する→なんかおかしい→
自分とモデルさんでは顔、体格、雰囲気、髪質などすべてが違う→
あの格好はあの人だからできるんだ、と納得
おしゃれ衣服を購入する際は、この感覚は大切だと思ってます。
私は気に入った服を着れたためしがほとんどありません。
理由は私の体系がバランスが悪いからです。
・太ももが異様に太い→ウエストちょうどでも太ももが入らないorムチムチになりがち→ウエストがオーバーサイズのもので妥協
・首の根元~肩がやたら盛り上がってる→ニット素材など緩い服を着ると熊みたいなガタイに見える→ジャケットやフードで補正必須
・手が長い→長袖シャツ系はダボダボのオーバーサイズでないと袖の長さが足りない
・足のサイズ→だいたいお店にある最大サイズじゃないとキツイが、たいてい売り切れている


よっていつも、「着たい服を買う」のではなく、「着られる服、ましな服を買う」という視点でお買い物します。
なんとつまらないお買い物でしょう。
「あーこれほしい!!買おっと!」
みたいなウキウキショッピングはなかなかありません。
標準体型というか、既製品ですんなりイケる人たちは、さぞかしお買い物を楽しんでいることでしょう。
結局何も買わず失意のまま帰宅しました。
服を買うって私にはとても面倒です。なかなか好きになれません。
オシャレに興味のない私ですが、スーツとコスプレには興味があります。
ちなみにコスプレといってもアニメキャラとかじゃなくて、職業コスプレです。
医者の白衣、警官やパイロットの制服、アメリカの消防士の制服、コックさんの制服(帽子とか)、陶芸家風味の作務衣やすし職人みたいな服、殿様っぽい着物!
この辺は是非ほしいですね。
外出することはできませんが。
そんなこんなんで終わります。
いつも何書いてるんだろうと自分でも感じてます。
次は何ネタを書こう。うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ