社員旅行に行ってきました

ミモザのブログ

3丁目の夕日の時代から高度経済成長を経て、企業の業績が

上がるにつれて、会社が従業員に提供する福利厚生も増え

ていった。

そして、ニッポンの会社には、いわゆる「社員旅行」が定着した。

バブル期には、多くの会社で競うように豪華な社員旅行が敢行

され、わが父も会社の研修でドイツに行っていた。

(そして、お土産の飴があまりおいしくなくて、外国に行きたく

なくなったという話は内緒)

さて、時代は下り、時は21世紀。

多様化の時代、そして不況の時代、人々の価値観はさまざまに

分化し「社員旅行」という、どことなくアナログでノスタルジックな

響きさえ漂うこのイベントは、必ずしも「歓迎」される場面ばかりでも
ないようだ。

試しに「社員旅行」で検索してみると、そのネガティブな候補

ワードに思わず苦笑してしまう。

社員旅行 行きたくない
社員旅行 強制
社員旅行 断り方
社員旅行 嫌……

そんな中、われらがミモザ情報システムは開業以来、初の社員

旅行を実施した。

行先は事前の社員総選挙によって3地域の中から絞られた

南紀・白浜。

ミモザのブログ

天気予報は芳しくなかったものの、各々の日ごろの行いがいい

のか、社員の中に強烈な晴れ男/女が存在するのか、二日間の

日程中雨に降られることは一度もなし。

昨今では社員旅行も「慰安旅行」から「研修旅行」へと趣旨を変え、
会社見学や講演会などの「おカタいイベント」を組み込むケースが
多い中、私たちの行程は純粋に「楽しむことに特化した旅行」。

三段壁や白良浜、アドベンチャーワールドなどの定番観光

スポットを押さえつつ、お宿は老舗・むさしさん。

自分の旅行では選ばないような格の宿。
食事も、自分が宿をとるときには選択しないであろう内容。

美味しかったです。楽しかったです。いや、もう素直に。

 

そんなこんなで社員旅行。
ネット上では経営者の見栄だとか、親睦を深める効果は期待

できないとか、求人に対する効果はないとか、いろいろ言われ

たい放題ですが、実際のところどうでしょうか。

ネガティブな捉え方をされる方の気持ちもわからないではない

ですが、しかし、社員同士、メンバーの意外な一面や、プライ

ベートに近い姿を観察できるのは、これは素直に面白いもの

だと思います。

それが業績やモチベーションに結び付くかどうかと言われれば、
それはそれぞれの感性の問題なので分かりませんが。

ミモザのブログ

しかし、社員旅行というイベントが存在するならば、やはりそれを
いかに「楽しむか」「楽しみ尽くすか」という部分、心構えは、
それは仕事の力にも直結すると思うのです。

確実にやってくること、起こることに対し、それを肯定的に捉え
何かしらの意義を見出し、尽力している方の労に感謝し、当日は
しっかり楽しむ。それが大人の「社会性」という能力ではないので
しょうか。
それを駆使して進めていくのが「仕事」なのではないでしょうか。

細かな段取りや気配り、心遣い。大なり小なり、参加者にこの
視点があれば、社員旅行は滞りなく進み、気持ちのいい時間に
なると思います。

そういう時間を持てる組織が、平時の業務で力を発揮できるのは
言うまでもないでしょう。
(でもそんなこと言ってしまうことが、楽しくなくなる元凶かも
しれませんが…要は楽しむにも相応のリテラシーが求められる
ってことです。社員旅行を楽しむというのは、高度なスキルなの

です。多分。)
(お前はどうなんだと言われると…頑張ります)

最後に、旅行会社のウイングトラベル様、道中快適な移動を提供
いただいた近江タクシー様、そして社長、社内旅行幹事のHさん。

素敵な時間をいただき、ありがとうございました。

「社員旅行に行ける会社にいる」幸せ、存分に噛みしめさせて

いただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ