ミモザの日

水曜日はホワイトデーでしたね。

いわゆる「バレンタインデーのお返しを贈る日」ですが、こんなことやってるのは日本くらいだそうですね。

大体バレンタインデーにチョコを贈るのも日本くらい(それも製菓・流通業界の陰謀だと)いうのですから、本当に日本人というのはミーハーというか、乗せられやすいというか。

で、そのホワイトデーに関するWikipediaの記述に笑ってしまったのですが↓

『ホワイトデー』

『日本では、1か月後の3月14日をホワイトデーと呼び、この日に主に男性から女性へ返礼のプレゼントをする習慣が生まれている。代表的な贈り物は、チョコレートの価値などと釣り合ったクッキー・マシュマロ・飴である。

ただし、バレンタインデーでのチョコレートほどには画一的ではなく、男性から見て意中の女性に対しては稀に、指輪やネックレスなどのアクセサリーが贈られることもある。

ただし、意中の人でも、一般的には、クッキーやマシュマロなどを贈ることが多いが異性に対し、その意に反する行為を強要する行為にあたる可能性が高く、バレンタインデーは環境型セクハラにあたる可能性が高いとの指摘がある。

特に、対価的な均衡が欠けるプレゼントの強要(男性には安物を渡しておいて、返礼が安物だと機嫌を損ねる女性がそれにあたる)は、セクハラ行為になる可能性が高いため、ホワイトデーは浸透すべきでないと警鐘がならされている。』

…実際にあるみたいですよ。昨年のお返しのお菓子の相場を名前と共にリスト化し、女性社員間で共有した上で「あげ得」な人に集中的に義理チョコを渡すとか。

だからケチな人はチョコがもらえなくなり、逆に太っ腹な人には集中する。とか。

っなんじゃそりゃ!そりゃセクハラ以前に単なる「イジメ行為」じゃ!

引き続きWikipediaで、ホワイトデーの下にあったのが↓

『オレンジデー』

『近年では柑橘類生産農家などが4月14日をオレンジデーと呼び、恋人同士(男性女性とも)でオレンジを贈りあい、愛情の確認をすることを提案しているが、2012年現在では社会への浸透は皆無に近い。』

…何かを流行らそうと思ったら、その時代その世代のニーズとウォンツをくみ取り、それなりの仕掛けが必要です。流行らないものには理由がある。

そういう意味では、最近ちょっと注目を集めているのが

『ミモザの日』

こちらはイタリアの男性が女性に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈る日であり、3月8日がそれにあたります。
3月8日とは「国際女性デー」としての方が通りがよく、社会学でもフェミニズムをかじられた方なんかはご存知かもしれません。

発端は1908年に労働条件の改善などをもとめるニューヨークの女性のデモが行われたことで、その後のフェミニズム運動の高まりに押され、1975年に国際連合によって定められた記念日です。

女の人が職場であーだこーだ文句を言えるようになったのはまだまだ最近のことなんですね。(まだそうなってないところも多いと思いますが、ウチは大丈夫そうですね^_^;)

そんな3月8日、近ごろは女性に感謝する日としての意味合いも色濃くなっているようです。
とくにイタリアでは、「ミモザの日」とも呼ばれ、シーズンを迎える黄色い花「ミモザ」を、男性から女性にプレゼントするのが習慣だそうです。

ミモザのブログ

贈る相手は恋人はもちろん友人でも、母親やおばあちゃんでも通りすがりのお姉さんでもいいそうです(その辺がイタリア)。というわけで、この時期イタリアに行けば、街のあちこちでミモザが売られているのを目にするようです。当の女性たちも、この日は家事もお休みで、女ともだちとディナーを楽しむのだそうです。

日本でもその習慣を取り入れ、ホテルやレストランでは当日女性限定プランを組むところも出てきているようです。

なんていうか…おシャレですよね。オシャンティーですよね。なんなんでしょう。「オレンジの日」との歴然としたこの格差は。

結局、先の「バレンタインあげ得リスト」然り、何者かによる恣意的、作為的な(あるいは、それが感じられる)行為というのが忌避されるのが最近のトレンドなのではないかと思うのですけどね。やっぱり、「本音」「本心」の部分からくる気持ちを「さりげなく」表現するってのが重要なポイントですよね。

さぁ、来年は

事務担当の女性の方限定!いつもありがとうございますm(__)m

ミモザの日記念セール★

でもやりましょうか?社長!

え?私ですか?私はホワイトデーの夜にスイートピーとチューリップを買って帰りましたとさ。

ミモザのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ