上がった体温、上げとくべきか、下げるべきか

どっかのパソコンや原発の話ではありませんが、先週末は40℃の

高熱を出して寝込んでいた自転車です。

おかげさまで3連休前半はぐったり何もできずです。

そもそも、40℃というのが未踏の領域でして、その暑さとしんどさと

きたらハンパなものではございません。

もう、常時マラソン走ってるみたいな状態とでも言うのでしょうか?

呼吸が荒く酸欠になりながらとにかく走りに走り、しかしゴールは

見えないあの感じ。

あんまり呼吸が荒いので、途中から腹式呼吸に変えてみたり、

リズムを整えて軽快さを演出してみたり、色々試しました。

段々ムキになってきて、酸素スプレーを買ってこようかと思った

ところで、病院へ行きました。


結果的には、ウイルス感染、多分気管辺りじゃないかという

わけで、諸々のお薬をもらったわけですが、その中の

「頓服(とんぷく)」これが厄介です…。


私は薬と言うものが大大大大嫌いで、それは苦いからとか

まずいからと言うのではなく、人間の病気に打ち勝つメカニ

ズムは、本質的には身体本来の免疫機能を使って病原体に

打ち勝つしかないというわけで、薬はその手助け(抗生剤)を

したり、目の前の苦痛を取り除く(鎮痛剤に過ぎない。

薬は病気に直接利いているのではないのだ!そんな思い

みと言うか、至極全うそうな論を、幼少の頃より叩き込まれ

ました

(出された薬は飲みますがね、さすがに…)


大体、熱が上がるというのは、病原体の活動辛い温度を、

わざわざこの全身の筋肉を使って作り出し、免疫細胞にとっ

て有利な状況を必死に作り出そうとしているのに、しんどい

からって熱さましを使っちゃったら元の木阿弥、意味のない

ことをしているんと違いますか!?

それやったら、「頓服」の熱さましなんて、飲んでたまるかっメラメラ

という断固たる決意の元、ふらふらと家路につきました。


しかし、腐っても40℃。高熱は高熱で、もう何もできません。

飲み物も飲めないし、食べ物は論外で、全く持ってモノが

のどを通りません。

汗もかくし、さすがにこのままではまずいということになり、

夜中に恐る恐る頓服の袋に手を掛けます。えー、なになに、

「ロルフェナミン」…?

この錠剤の効き目は凄まじいものがあり、あれほど唸って

いた熱は僅か1時間以内に36度まで落ち、入れ替わりで

出てくる力強い食欲と噴出す汗にしばし唖然とさせられる。

ガツガツと食事をし、摂れるだけの水分を摂り、平熱だから

こそ味わえる心地よい睡眠を貪っているとまたそのうち

体温上昇開始。これを3日間で2セット繰り返しているうちに、

熱は上がらなくなりました。


で、熱は上げておくべきか、下げるべきか、答えが出ません。

医者に相談したら、「アホやなぁ、しんどかったら下げたら

ええやん」と笑われてしまいました。でもまぁ、さっさと直った

んだから、この葛藤にも意味があったということにしましょう。

皆さんも、季節の変わり目ですので、体調管理には用心を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ