懐古主義?挑戦は必要か?

『ブログランキングで1位を目指す!』宣言で、一気にハードルが
棒高跳びレベルに感じられ、茫然と上を見上げる ぶーぶー です。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
↑ここを押してね!

まぁ、今日は【雑感】ということで…ぼちぼちいきまひょか。

先日、地下鉄の車内吊で『ルパン三世展』ポスター発見!

しかし・・・。

5/29は台風接近で朝から大雨。そしてお給料日前で財布は薄い。
しかも・・・家で抱えている仕事は山盛り残っていた。

どうしよう。。。とりあえず家の掃除をして。。。
どうしよう。。。とりあえずシャワーに入って。。。
どうしよう。。。仕事(娘は試験勉強)をしないと。。。

ん~~~でも、やっぱり見たい走る人 行こう バス

というわけで、娘と京都伊勢丹『ルパン三世展』最終日に行った。

『ルパン三世』アニメ化40周年テレビ って…そんなに経つんだ。

あの頃の好きなアニメといえば、「みなしごハッチ」「ムーミン」
「妖怪人間ベム」「天才バカボン」「ゲゲゲの鬼太郎」などなど。。。
しかし、かっこいい5人の大人のキャラが際立つ「ルパン3世」の登場
はともかく鮮烈だった恋の矢

大好きだった「ルパン3世」TVシリーズ(PART1)は視聴率低迷のため、その後キャラクターや作風の変化を余儀なくされることとなる。

しかし、TVシリーズ(PART2)ではファミリー向けアニメへと路線変更したため高視聴率を獲得するようになり、遂に国民的スターになった。

そのあたりの葛藤を、宮崎駿監督の語録や初期から携わるアニメーター大塚康生氏のインタビューを読むと、作画監督によって多彩なルパンがいる(下記参照)ことや「さらば愛しきルパンよ」作品は一層深い想いで見ることができる。

ミモザのブログ-ルパン三世展
▲展示会入口掲示物

この1ヶ月で14本の新作・旧作DVDをレンタルした娘にどの作品が好きか聞いてみた。
「燃えよ斬鉄剣!やっぱりルパンは山田康雄さんでないとあかんな。」

いろいろな人の思いをのせながら変化し続ける『ルパン三世』もちろん新しいチャレンジすることも大切だけど、もうそっとしておいてあげたいと思いました。私が口を出すべき問題じゃありませんがね。

当然、5/29は徹夜になりましたが『ルパン三世展』に行って良かった。

ミモザのブログ-ルパン三世展お土産

▲パンフレット・ファイル・ミンティアなど、お土産を買いました。
(主人:銭形ファン、娘:次元ファン、私:五エ門ファン)

あなたは、5人のキャラクターの中で誰が好きですか?

☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆

株式会社ミモザ情報システム

お探しの商品がきっとみつかります ぶーぶー


☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆

“懐古主義?挑戦は必要か?” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    モンキーパンチの最高傑作はムサシGUN道
    異論は認める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ