遅咲き桜探訪記

弊社4月分のメールマガジンで 遅咲き桜スポット を取り上げました。

その中でご紹介差し上げた「常照皇寺」に先週末行ってまいりました

ので、目の保養がてら、その時の画像を載せておこうと思います。

ミモザのブログ
この右側の木は、岩倉具視手植えの「左近の桜」

ミモザのブログ
花と苔。

ミモザのブログ
国指定天然記念物「九重桜」

いつ立ち枯れもおかしくないような風情なのに、けなげに花

つける姿は胸に迫ります。
門前には立派な紅枝垂れ。

ここは南北朝時代、北朝の第一代天皇でわずか2年弱で廃位 した

光厳天皇が出家して開いた天龍寺派の禅寺。

常照「皇」寺と名乗るのはこのため。

ミモザのブログ
そのあと見山町にも足を伸ばしました。

京北・美山は丁度桜がピークを少し過ぎたくらいでした。

やはり、京都市中心部より10日ほどズレますね。

穏やかな花見ができました。

じじくさいなぁ。

でも、こういう時間を味わうために京都に住んでるとも言えるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ