京都ほっこりコラム

加藤紘大 著 (株式会社ミモザ情報システム)

ミモザの拠点・京都について、社員が見て、調べて、体験したことを綴ります。

天下分け目の天王山

なかなか終息しないコロナ禍に翻弄されつつ、2021年度が始まりました。 皆様は、どのような1年にされますか? 事業への取り組みや、ご子息の受験など、「この1年が天王山」という方も多いのではないでしょうか? さて、勝負や運・・・

宇宙に浮かぶお寺

2月の京都、過去のコラムを見返すと、いまだ醍醐寺が出ていませんでした。 醍醐寺といえば五大力さん。五大力さんといえば、2月23日。 まだ身になじまない令和天皇の誕生日、京都では昔から五大力さんの日なのでした。 ■醍醐寺と・・・

霊場・比叡山へ!

前回・稲荷山からの、今回は比叡山ということで、私の最近の取材・行動範囲が、密を避けるべく「コロナ対応」しているのが丸わかりです。 この傾向、年が変わっても続いてしまいそうなのが気がかりですが、ともあれ、今年はよく歩きまし・・・

外国人観光客憧れの場所・稲荷山を歩こう

2019年まで、世界的に利用者の多い観光ガイドアプリの「トリップアドバイザー」で6年連続国内1位だった伏見稲荷大社(以下、伏見稲荷)。 2020年は、新型コロナの影響からか、ついに首位から陥落しました。 京都在住の身とし・・・

御土居を巡ろう

夏休みが迫る中、なかなか遠くまで出かけよう!という機運ではありません。 かと言って、ずっと家の中にいてはストレスが溜まるので、散歩をしています。 今号では、最近歩いた「御土居(おどい)巡り」について紹介いたします。 ■御・・・

コロナ禍の京都点描

2020年4月17日、近隣の大阪兵庫に遅れること10日、ついに京都府下にも新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が出されました。 報道では目にすることもないであろう、解除されるまでの京都市内の様子を、市民の目線、日・・・

亀山城跡で光秀を偲ぶ(後編)

ここのところ、世の中は新型コロナ感染症一色で、レジャーが失われた日曜夜の大河ドラマ「麒麟が来る」鑑賞は、少なくなった楽しみの一つです。 さて、前回は明智光秀とドラマ後半の舞台となるであろう亀岡の縁、大河ドラマ誘致に向けた・・・

亀山城跡で光秀を偲ぶ(前編)

大物女優の薬物騒動で大きな話題をさらった今年の大河ドラマ「麒麟が来る」。 2020年、節目の年に、歴史上謀反人や反逆者としてネガティブに捉えられがちであった明智光秀をあえて取り上げる「意欲作」です。 1月半ばから無事に?・・・

ほっこりイルミネーション

この時期の京都と言えば、紅葉のピークが過ぎて落葉が進む頃です。 ちょうど、観光には中途半端なシーズンに入るはずですが、どっこい、近頃の特にアジア諸国の方々の京都熱はすさまじく、もはや閑散期など存在しないと言っても過言では・・・

拝観料と税の50年戦争

間もなく消費税改正という事で、京都市内も官民共に着々と準備が進んでおります。 消費税は、消費者が負担する間接税ですから、増税分は消費者が負担することが原則です。 したがって、税の趣旨に照らすと、事業者は消費税相当分を製品・・・

ページトップへ